So-net無料ブログ作成
検索選択

はっきりといって、大失敗です。 [協働]

いよいよNPO法人ラブとよネットが設立される。
こればっかりは、今までのように私個人が、がむしゃらに引っ張っていくものでは無いのだが、スタート時点では、まだまだやらねばならないことが多い。
しかし、こと「豊中まつり」に関しては、これぞ官民協働であると断言できるほど、それぞれが対等な中で役割を担っていこうとしている。
まあ、互いにまだまだな点は数かるが、ミッションや課題を共有できている実感があるので、それも一づつあせらずにクリアしていければと。

ところが、一方で我々のNPOが取り組んできた「住まい力」向上Pという協働事業。

はっきりといって、大失敗です。
まず各担当が「協働」を理解していない。
だけど、行政全体の方向性が「協働」に向かっているので、断れずに参加しているというのが本音のようである。
はっきりいって「大迷惑」である。

なんせ、スタートラインの「課題」を共有できていないのであるからして、以降、何をやってもダメ。

それを取りまとめている室も前の会議でいきなり
「本協働事業を終了させるということで・・・・・・・」

そらあなた達は、それぞれの課やNPOの話を聞いているからでしょうけど、それも決めるのは会議ですよね、そこからしておかしい。

あげくのはてに、
「もともと、やりたくなかったのに恫喝まがいで参加させられた。」
「自分たちのやってることに役立つのであれば、前向きにとりくめるのですが。」
とか、5年目をむかえてもまだ、こんなことを会議の場で発言する課や室もあり、本末転倒。

当然ながら、きっちりと課題を共有しつつ自らの縦軸ミッションに関連づけて事業を協働していただけている課や室もあります。
それ以外のところが、今の今までただ、内部的に離れられないからなんていう、どうしようもない理由でくっついてもらっては、我々の活動も大マイナスです。

とはいっても、行政がダメだと一方的に言っているのではない。
今のシステムであれば、しょうがないと感じるのである。
もし私が、行政側であれば自信が無い

この「まつり」と「住まい力」を比べた時に
やはり、一番の違いは
行政の縦軸に明記されているかどうかだと
「まつり」の場合は、担当課も決まっており、市民のための市民による市民まつり に近づけていくことで豊中のまちをよりよく活気あふれるものにしていくといった方向性や究極のミッションの共有ができている。
ようするに、まだまだ豊中では行政が気づかないまた担当する課が決めれない(複数のカテゴリーにまたがる)といった公共課題を市民や市民公益活動団体が、逆提案し協働事業として成立させるといった条例に書かれている「協働事業提案制度」は、根付かないというか、まだまだ無理なのである。

もし根付かせるためには
「協働事業に関する評価基準」これを明確にする必要がある。
きっちりとした評価システムを構築することなしでは
それを強引に押し進めると、結局「協働」という横軸でなければならないのに新たな縦軸を作ってしまい、結果的に本来の協働からかけはなれてしまうこととなる。

審議会、がんばれ!!!

だから、現在進行形で課題とされていることを市民や市民公益活動団体と協働(中には、下請け的利用となっている場合もありますが)で進めていくことであれば、なんとか可能であろうと思うので、それをしつつ大きな変革を期待してやまない。

今回の「住まい力」の協働事業の失敗から多くの成果を得ることで、本当の意味での協働先進地域としての我がまち「豊中」の復活を願っている。
nice!(0)  コメント(0) 

「協働」について、想う。 [協働]

私達のまち豊中市は、他市に先駆けた形で行政と市民、市民公益活動団体等との「協働」への取り組みがおこなわれてきた。
市民公益活動条例なるものもできあがり、従来のやらない理由を列記する条例ではなく、出来る可能性を追求した条例であると、作成の段階から市民公益活動団体の人間として関わらしていただいた自分も他に類をみないものだと自負していた。
そして、その条例に基づいた形で提案し採択されたのが、今年で4年目をむかえる
「住まい力」向上プロジェクトである。

この事業には、大きな目的が二つある。

一つは、我々NPOのミッションでもある、「誰もが、安心・安全に自分らしく暮らし続けることの出来るまち」創造への取り組みである。

多種多様化している暮らしの問題点を解決していくには
1.従来のカテゴリ分けの中では解決しずらい。 2.今までのように、公共を行政たのみでは無く市民力を高めていく必要性がある。 3.出口での価値観も民間・ボランティア・公共サービスと様々な組み合わせも必要である。
この三つのステージでの横串をさすことで、様々な解決方法にたどり着くことが出来、それが持続していくとになり、法人ミッションに繋がるというものである。

そして、二つ目が
本当に行政との「協働」なるものが、成立していくのであろうか?
という大きな「実験」である。

この協働事業は、8つの課が関わり展開されてきた。
それぞれが縦軸のミッションを持ち、それをなし得るために必要であることの課題を共有し、その解決のために「協働」することで課題が解決され、しいては自分たちの縦軸ミッションの成果にもつながっていくという、この考えや理屈が理解され、どこまで実践出来るのかということである。

他の「協働」は、どちらかといううと従来のカテゴリーの中で成立しているものが多かった。
例えば、環境関係のNPOが行政の環境関係課と協働する。
といった感じであり、これはわかりやすいかも知れない。

ところが、もともと大きな目的のために担当を分けたのが現在の縦割り(カテゴリー)であり、それをまた横につなぐなんて事が、出来るのか????
住宅と福祉、健康と消防、地域と高齢といった形で、それが8つあるわけである。
字面でみると、課題や事業共有できそうなのであるが、実際に考えてみると。

住宅相談の事業に健康づくり関連の人間が、そこで発生する事柄にみずからの縦軸ミッションとの間の課題を共有する可能性を感じ、積極的に参画するのか?
てなことである。

実際にやってみると、大変に難しく。

まあ、難しいとわかっていることを実践しようとしているのだから、ここはおりこみ済みである。

どうしても行政は、担当課を決めたがる。
ようするに、従来の縦軸の指標でしか考えられないわけである。
我々とすれば、従来の縦軸の中で担当課を決められると、本来の目的が達成出来ない。

担当課が決まらなければ、予算が取りにくい。。。。。となっていく。

横軸をさす縦軸・・・・・ややこしいですが、例えば各課に協働担当が配置され自分の縦軸の成果をあげるために協働の手法でうごかす的な、その協働担当が全庁的に協働実務担当者会議的なものを・・・・・・・・・あ〜〜〜〜あ、ややこしい!!!!!!


いっそのこと、行政外で人・もの・金がきっちりと動く事務局を作った方が早いとばかりに
前から申し上げています。国土交通省の事業もその意味もあり、取って来たわけであります。





そんなこんなで、4年が経ちました。

さて、皆さん。
どうなったでしょうか?

まだ、折衝中の事項もありますので、ここで全てを公表できませんが・・・・・



近い将来、私の雄叫びを本ブログで叫ばして下さい〜〜〜〜〜〜。



nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりのアップでも、少し憎まれ口 [協働]

いや〜、どうも最近、ブログをアップ出来ない。
そんな、出だしで始めるブログも続いている。

Facebookをやりだしたのが原因なのか・・・・・
やはり、本来の筆無精がでてきたのか・・・・・・
結構、多忙であったためなのか・・・・・・・・・

まあ、言い訳を書いてみてもしょうがないのですが、

こんなブログでも楽しみにしていただいている方がいらっしゃて、個人的にメールで激励もしていただいたりもしています。

で、出来るだけブログもアップするぞと、心に決めた訳です。

この間、報告しなければならないことは山のようにあるのですが、諸々はFacebooのウォールをご覧なって下さい。

その中でも、21日、22日に開催した「住宅フェア2011」は1日目が台風の中にもかかわらず、二日で36名の相談者が訪れていただけました。
国交省の事業を中心としたのですが、市内へのチラシ配布が遅れ、その内容ズバリは少なかったのですが、3年目になるこのフェア、だんだんと浸透してきたことが実感出来ています。

「この日があるから、相談を待っていたんですよ。」

なんて言葉もいただきました。

内容は、工事の細かなことから、シロアリ、雨漏れ、耐震にはじまり
障害をお持ちの子どもさんとの生活のための生活全般相談から、具体的なバリアフリーの相談と本当にバラエティーにとんでおり、それらを一括の場所で相談できるということの効果がでてきたとも感じています。

今後、いつまで継続されていくのかはわかりませんが

市民の為には、必要だと確信しました。
また、ご協力いただいた3課の皆様、消防の皆様、ありがとうございました。
写真.JPG


ただ・・・・・・





協働でやってんだから・・・・・・・・

協働という新たな縦軸が出来たんじゃなくて

横軸よ


自分たちの縦軸ミッションに利用しなさいよ
仕事は、「こなす」ものでは、ないと思いますよ。

あえて、誰に対してかは書きませんが。

何故か?




私達は、自分たちのミッションには十二分に利用させていただいていますから。

ありがとうございます。

と、久しぶりのブログにもかかわらず、憎まれ口をたたいてしまいました。
「どき」とした方、すいませんでした。

まあ、「どき」とするくらいなら、私もこんなことは書かないでしょうが(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

異動の影響(愚痴です) [協働]

ふと気づくと、早3月になっている。
年度でいうと、最終月で申告、決算とあわただしい。
中でも、私の回りでは異動の噂話しが多い、といっても私は個人事業者なので異動は無いのだが、NPOや豊中まつり等で関係する行政の中の異動が結構、影響する。

まあ、自分たちのやることはぶれない。

しかし、担当が変わるとこうも変わるのかと驚くこともしばしば。
変わるというよりは、形式的なことしか引き継がれていない。

何事も原点の「想い」や「課題」こういったものが引き継がれなければ、粛々とルーチン化されているものを行っているときには問題ないのだが、何か問題が起こったり、意見が違ったりするとたちまち、統制が取れなくなってくる。

自分たちのやることはぶれない。
がゆえに、やりきれないことも多い。

もちろん、おおもとの方向がぶれないだけであって、調整や新たな動き、考えを拒絶しているわけではなく、ふところは深くと考えてはいる。

しかし、その調整の時や方向をぐっと変えようとするときに「想い」や「課題」が引き継がれていなければ・・・・・・・・・・結局、市民側が次の異動まで我慢をするか、やめてしまうこととなる。

が、やめれない人間もいる。

まあ、そんなことの繰り返しをもうかれこれ20年近くやってるので、腹立たしさも無いですが。

そして、いつも思うのである。
期待するから失望する
そもそも、希望的観測 が期待という意味であると考えれば、勝手に思って、勝手に裏切られ、落胆している訳だから相手には、罪など無いはず。

だから「期待」ではなく現実の状況を判断し、その中で一番、有効に「利用」する。

と考えながら取り組んでいる、今日この頃である。

まあ、本当に心を共有できている人達もいることは、付け加えておきます。
(でも、異動すれば、そんな人達でも若干は、縁遠くなりますが・・・・・)


nice!(0)  コメント(0) 

「まだ、こんなレベルなの!!!」 [協働]

先週、役所に介護保険の住宅改修の完了届を提出しにいった。
カウンターでやりとりをしていると、隣でかなりの高齢の女性のかたが住宅改修の関する相談をしていた。NPOで市と様々な複雑な案件に関して、相談の取り組みをさせていただきている関係もあり、思わず聞き耳をたててしまったのだが・・・・・・

「人工関節の手術をして、介護の認定や障害者手帳の申請とかをしているんですけど、手すりをつけてもらいたいんですが、その後はどうすればいいんですか?」

その後、申請の順序を説明されていた。

「実際の手順に関しては、ここの窓口は、住宅改修の申請を受け付けるところなので、介護支援事業者さんか包括支援センターでお聞き下さい、それと障害の住宅改造の件は、一階の障害福祉課で確認下さい。」

「いま、一階に行って来たら介護が優先だからこちらへと言われたんですが?」

「少々、お待ちさい。」
といって、おもむろに障害福祉の手引きを見る。
「下肢の障害は出来ないみたいです、でも詳しくはここでは解りかねますので、申し訳ありません」

「住宅改修をしていただける所の紹介とかは?」

「それも、介護支援事業者さんにお聞き頂いた方が、詳しいかと」

「介護支援事業者さんはどこに・・・・」

サッシをだして。
「ここに、一覧があるのでお選び下さい」

「はあ・・・」

「介護支援事業者さんって何なんですか?」

「ケアマネさんのことですよ。」

「ケアマネ・・・・・・・・」

といった感じで、相談されている方は帰られた。

一言、「まだ、こんなレベルなの!!!」

確かに、努力はしているのだろうが、まず間違った情報を提供し、それの言い訳をするために他での確認をうながす。
解っている人間にとっては、理解できるが解らないから聞きにきている人に対して、何の解決策にもなっていない。

これでいいんだろうか?
確かに、縦割りは一定必要であると私は思う。
しかし、それを繋いだり、コーディネ、ートしたりすることが必要になっている時代にこれは無いかと思う。しかも、市との協働ということでそれらに取り組んでいる実態があるにもかかわらず、そのことが反映されていないどころか、そういった事業があることの認識すら無い。

もう少し、考えて欲しいものだ。

やはり、まず一連の流れの中での事業は縦割りなのであれば、その縦割りの中で終われるようにしないと、それぞれの手段が目的化されてしまい、本来の狙いがぶれてしまうように強く感じる。

そして、協働も協働という縦軸カテゴリーにしか過ぎないという形になってしまう恐れが多分にある。

さすがに、私も少々疲れてきた。(ふ〜)
nice!(0)  コメント(0) 

協働事業の効果が現れてきている。 [協働]

この10月、11月とは本当に講師の仕事が大変多い。
もちろん福祉住環境コーディネーターの検定試験が11月にあるので、毎年、この時期は対策セミナーの講師を依頼されることが多いのでいわば、毎年のことのようにはなっているのだが、今年はそれ以外にも大変沢山の依頼がきている。

先週の22日も豊中市の消費者協会の皆さんからの依頼で、「住宅内の危険」〜やっておきたいバリアフリー〜という題で90分間の講師をさせていただいた。
市との協働事業の一環でおこなっている「出前講座」のひとつとして開催されたのだが、日中の時間ということもありそんなに多くの方々の参加はなかったが、参加者は皆さん、真剣に聞いていただけて質問も沢山でた。

その日以降も電話でお問い合わせをいただいたり
本当に何処に相談していいのかわからなかった事項を相談されたりと
やっぱり、不安に思っていた方は沢山いたんだと実感している。

協働事業も3年目の総括に入っているが、やっと浸透しそして、効果があらわれてきたなと実感してやまない今日この頃である。
今月の末、来月と市内だけでなく各地での講演依頼がきている。

「住まい力」を高めるようにがんあbっていきましょう!!!
001.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

出前講座が増えてきた。 [協働]

最近、様々な地域からの出前講座を依頼されることが多くなってきた。
私たちの登録している内容は、ズバリ「住まい力」向上のプログラムで
1. 家屋内の転倒防止(バリアフリー)
2. 震災時の減災のポイント(家具転倒・避難経路)
の二つで内容的には、基本パワーポイントと動画があり、それぞれの講師が、そこに工夫をこらして展開している。
2の方は、一昨年から危機管理室の行っている地域での出前講座にスポットで時間をもらい、さわり部分をやっていたのだが、今年は1の依頼が多い、そこで微妙に役立つのが3〜4年前に讀賣テレビのニューススクランブルで特集をくんでいただいた下記の動画。
結構、評判がよろしいようで、今度の10月14日・15日の「住宅フェア」でも流して頂ける見たいです。それにしても、最近何故増えてきたかを考えると、
・災害関連が一通り終わって、次の地域の皆さんの興味が家屋内の安心・安全に移行した。
・「住まい力」向上プロジェクトが浸透してきた
そんな、ことが考えられるのかなと。
どちらにしても、よいことは間違いないと感じている昨今です。



nice!(0)  コメント(0) 

住生活月間と住宅フェア [協働]

今月は住生活基本法に基づいて、各地域で計画されている住生活基本計画の一環として「住生活月間」と指定されている。
我々の住んでいるまちでも「住生活」というキーワードで事業に取り組むのであるが、私たちが展開している「住まい力」向上プロジェクトと住生活という考え方も近いということもあり、その事業の中でこの一ヶ月取り組んでいこうという試みが一昨年から始まっている。
今年も、10月1日から豊中駅前の市民活動情報サロンショーウィンドウにパネル展示を行い、9月末から10月末までの間に、バリアフリー出前講座・家具転倒防止出前講座等を数回開催することになっている。その中でも10月14日(木)・15日(金)に豊中市役所第二庁舎のロビーで開催される「住宅フェア」が目玉事業であり、結構な労力をつぎ込んでいる。

ぜひ、みなさんご来場お待ちしております。
IMGP1694.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

「豊中どうする?市民の会」&ゆにばっぷ定例会議 [協働]

昨日は、「豊中どうする?市民の会」&ゆにばっぷ定例会議のダブルヘッダーであった。

 「豊中どうする?市民の会」は、4年前に行われた市長選挙の時に、様々な立場の市民が個人の資格で集い、市長選挙立候補予定者から「どんな豊中市政を目指すのか」を聞きたいとの思いでつくられた、ゆるやかな市民ネットワークで、今回も4月に行われる市長選挙にあわせて、どんな豊中がいいのかを市民で話し合い、そして候補者はどんな豊中にしたいのかを聞くといった事業を行う予定である。

 その二回目の会議で一回目は都合で行けなかったので私自身は、今回が初めての参加であった。
とは言っても皆さん、豊中市の様々なところで活躍されている方々なのでほとんどが顔見知りということで話しもスムーズに進んでいった。

 3月27日(土)と4月10日(土)の二回にわけて行なうということで、私の役割は、まず27日の分のチラシ作成と当日の進行役である。
 決して、やらされたのではなく、どちらも「やります!」と言ってしまった(笑)
同じ関わるなら、めい一杯に自分の出来ることはといったスタンスは変わっていない。(←後でしんどいと思うくせに(笑))とりあえず、ちらし原案がさっき出来たのでブログを書いているのだが、4月に向けて、忙しくなりそうである。(チェック等の後、完成したらアップします)

 ゆにばっぷの会議の方はといううと、今年の11月にゆにばっぷが事務局を務める、福祉住環境ネットワーク会議の全国大会が京都で10回目の記念大会として開催される。
その会場押さえと次年度の事業計画の内容であった。

2010年度 第10回 福祉住環境ネットワーク会議 全国大会
開催日 11月27日(土)〜28日(日)  
開催場所 メイン会場 烏丸京都ホテル http://www.kyotohotel.co.jp/karasuma/index.html

で一応、仮押さえ終了。(ホッ)
次年度の事業計画は、当然ながら新規の性能評価関連はやるとして、現在の協働事業も基本的には継続していく、そしてセミナー関連は後6セミナーの新しい内容を考えていこうとの結論になった。
ますます、活性化していきそうなNPO活動である。

それと、こそっと。
実は、補助金・減税に乗っかって「車」買い換えちゃいました。(念願のワンボックスです)

nice!(0)  コメント(0) 

「総踊り」の動画で興奮を少し [協働]

興奮さめやまぬ「暮らしの安心・安全フェア」&「豊中まつりプレイベント」
皆さんに、少し興奮をお分けして次なる目標に進まねばと
コラボ前のステージの総踊りの動画を

nice!(0)  コメント(0)