So-net無料ブログ作成

今年の夏を終えて。

今年も夏が終わった。

かれこれ18年間
ずっと、「まつり」と共に私の夏は過ぎ去って行く。

今年は、沖縄市豊中市兄弟都市締結40周年ということもあり
いつもの二日間が三日間となった。

特に初日の「道ジュネー」は感慨深いものがあった。
17年前、沖縄市の中の町で初めて「道ジュネー」と出会った。
私は、「道ジュネー」の歴史的背景や文化等、まったく知らない
何をして、このやんちゃな若者がひたすら太鼓を打ち、踊り続けるのであろうか・・・・

ただ、ただ、その時に心に刻まれた魂の揺さぶり
それは、喜怒哀楽が混在したものであった。

豊中でやってみたい。
様々な人の魂が揺さぶられ、何かが始まる予感がする。

それから17年。
やっと、実現した。

何故かわからないが「涙」が止まらなかった。
多くの方にも参加いただけた。
形や色は違っても、何かを魂に刻み込めたはずである。

そんな夏をすぎて・・・・・・・

ぼちぼち、私の役割も終焉を迎えてきたように感じる。
体力的なものもあるのは事実であるが

今年は、沖縄市、豊中市その双方で大事な同志が天へと召された
二人とも歳は下なのだが、いつも何処かで頼っていた。

大変、寂しい・・・・・・・・

人間とは、弱いもであり
いつも意地と見栄と負けん気でバランスをとっているものだと考えている。
そのバランスがどうやらおかしくなってきた。

中でも、今までは、許容できたものが出来ない。

こうなると、人間は独裁に走る。
俯瞰力が無くなり、自分の考えがマジョリティであるように押さえつける。
結果、本来のマジョリティだけでなく他のマイノリティな意見までもが反映されなくなっていく。

刹那

結果は・・・・目に見えて明らかである。

秋にむけて、もうひと頑張りなのであるが
「まつり」たるもの
次なるステージへの階段をのぼる為には、何が必要かを考えて行きたいと強く思う。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。